目的に合ったツールを選ぶことが大切!

自社のマーケティングに必要のツールを選ぶ

マーケティングオートメーションツール(以下MAツール)を選ぶ際には、事前に導入目標や目的を明確にする必要があります。そして、目的に合ったMAツールを採用することが大事になります。加えて、自社のマーケティング活動も確認しておくことが肝心です。運用担当者や運用スキルのレベルを把握しないと、導入できるMAツールのタイプが特定できないからです。その上で、実際のオートメーションツールを比較しながら、自社のマーケティングに必要なものを選んでいきます。MAツールを選ぶポイントとしては、先ず、導入目的とツールの機能がマッチしていることです。一般的なMAツールには、Webページ作成やリード情報管理、そしてメール配信機能が搭載されています。そして、マーケティングの分析機能として、アクセス解析やWeb行動解析の機能が備わることもあります。

運用担当者のレベルを把握する

MAツールには様々な機能が搭載されていますが、ツールによって特定の機能が強化されているものです。例えば、リードジェネレーションが強化されたり、SFAとの連携が強化されたりします。自社のマーケティングが何を優先しているかによって、強化されている機能のあるMAツールを導入することが大切です。既存顧客の活性化を図りたければ、新規リード獲得に特化したMAツールでは効果を期待できません。それよりも、見込み顧客の活性化機能に特化したツールを選ぶべきだと言えます。また、何より肝心なのが、MAツールを使いこなせるかどうかです。ツール導入後の運用担当者、及び運用レベルを把握しておく必要があります。場合によっては、外部に運用を委託することも想定しておくべきです。