見込み客の情報を一元管理できる!

今まで逃していた情報をつかまえる

マーケティングも、自動化で行うような時代になりました。マーケティングオートメーションと呼ばれるものがこれに該当します。これを利用する方法の一つが、見込み客の情報を一元管理する方法です。今まで見込み客の情報は、管理されていたとしてもその情報を使いこなすことができていない企業も多かったはずです。ですが、マーケティングオートメーションを利用することで情報を一元化することに成功し、段階に分けて対応ができるようになったのは大きな魅力といえるでしょう。
段階に分ける場合には、顧客情報の一人一人を見ながら可能性がある人に対してアプローチをしていき、そこから反応があった人をピックアップします。見込み客の段階を例えば3段階ほどに分けて一番有力な人に声をかける回数を増やすなどの手法を選べば、より確実に見込み客を顧客にすることができるでしょう。

情報を見ることで個別対応ができる

今まで、顧客に対しては全員同じような対応の仕方をしていることが多かったです。ですが、近年はより細かいところにアプローチをする企業も多く、全員一括して同じようなレスポンスやアプローチの仕方をしていては物足りなくなった傾向があります。そこで、アプローチをするときには個別にアプローチをし一人一人の情報よく見ながら、その人に適した対応の仕方をすることで集客につなげる考え方が増えてきています。

例えるなら、住宅の販売である顧客は住宅の購入は考えているけどもどのような住宅にしたらよいのかわからないと言われた場合には、少しずつカタログを送って提案力の高さを示すようにします。また別の顧客は、今のところ住宅は必要ないと考えているとすれば、数カ月に一度程度にアプローチをするなどすればしつこさもありません。