メールやSNSを使ったマーケティングを自動化できる!

マーケティングオートメーションとは

そもそも、マーケティングオートメーションとは簡単に表現すると、ソフトウェアなどを利用して「見込み顧客」を自動的に収集してくれるシステムのことです。出来るだけ人手を省いてスリム化した場合でもこの言葉を用いることはありますが、それは稀です。「見込み顧客」とは自社にとって購買者となりえる消費者のことを指します。現代では消費行動がインターネットの登場により、大きく変化している事もあり、マーケティングもそれに合わせて変える必要があることから、重宝されています。方法はサイトのサーバー自体にマーケティングオートメーション関係のソフトウェアを組み込み、それで得た情報を元に、見込み顧客にメールなどを配信するなどがあります。

メールやSNSの情報から見込み顧客を選別できる

マーケティングオートメーション(MA)の利用法の一つとして、メールを配信するという行為があります。しかし、旧来のやり方ではメールマガジンなどに登録した見込み顧客に一方的に情報を与え続けるだけで、あまり効率的だとはいえませんでした。近年はメールを配信して、見込み顧客がどのようなアクションを起こしたかを自動的に収集して、次からはその顧客の購買意欲に沿ったメール内容を自動的に配信するという方法など確立されています。SNS等も同様で、見込み顧客は携帯機器などを利用して、SNSで常に自らの購買意欲を直接的、または間接的に発信しています。MAを効率的に運用すると、それらの情報をデータとして分析、可視化して、最適なタイミングで見込み顧客にマーケティング行為を行うことが可能です。