費用対効果を考えて選ぶ!

必要な機能が何なのかを絞り込む

マーケティングオートメーションを導入する際に重要なのが費用対効果です。一言で言えばコスパが良いものを選ぶということです。コスパ良くマーケティングオートメーションを選ぶためには、自社にとって必要な機能は何なのかを把握することです。ランディングページ作成やリスト管理など、マーケティングオートメションの機能といっても沢山あります。しかし、あれもこれもと機能を盛り込んでいけば当然導入コストは高くなりますし、使いもしない機能に大金を払ってしまうことなる可能性があります。だからこそ、マーケティングオートメーション導入前には何が必要なのかをしっかりと把握し、そういった機能がきちんと網羅されているものを導入すべきなのです。

使い勝手が良いものを選ぶ

どんなに良いマーケティングオートメーションを導入したとしても、それを使いこなせなければ全く意味がありません。ですから、高価で機能がふんだんに盛り込まれていたり、デザインが綺麗良いものという基準ではなく、自社にとって使い勝手が良いものを選ぶことが大切です。ただし、実際に使ってみるまで「使い勝手」というのは分かりませんから、試験的にいくつか使い比較してみてどれが良いかを選んでいくのがオススメです。試験的に使うというのは費用と時間がかかるので躊躇してしまうかもしれませんが、初期の段階でしっかりと自社にあったものを選択して使っていくことで、長期的にみれば自社にとって費用対効果の高い投資となるでしょう。